欅坂46

欅坂46 今泉佑唯が卒業!病気が原因?現在はarモデルやドラマに忙しい女優業で活躍!

皆さんこんにちわ🌸

好きなことで楽しく生きる!

ブログで毎日を楽しく過ごす!!

Twitterとブログとアイドルが大好き💛

管理人のゆういです。

詳しいプロフィールは下記をどうぞ♥

管理人のプロフィール

案内人
案内人
この記事では欅坂46のメンバーの今泉佑唯の紹介をしております。

それではどうぞご覧ください。

今泉佑唯のプロフィール

名前:今泉佑唯(いまいずみゆい)
生年月日:1998年9月30日
出身地:神奈川県
血液型:B型
身長:153cm
所属事務所:元欅坂46、現ソニーミュージックレーベルズ

今泉佑唯が卒業?

今泉佑唯は2015年8月欅坂46(鳥居坂46)の最終審査に合格。

2016年1stシングル『サイレントマジョリティー』が発売。今泉佑唯はセンターの横でスタートした。
笑わないアイドルグループとして大ヒットし、国民的アイドルへ上った。

歌唱力も高く、『欅坂の歌姫』とファンの中では呼ばれていた。そんな今泉佑唯の身に何があったのか?!

今泉佑唯の早すぎる卒業の原因は?

2018年8月7日。7thシングル『アンビバレント』の活動をもって卒業することが発表した。
欅坂46がデビューしてから1人目の卒業発表でたくさんのニュースにも取り上げられた。

卒業の原因はなんだったのか?

卒業発表をしたブログを見ていこうと思う。




今泉は、活動を再開してからも体調不良が続いていたり、あまり居場所がなく悩んでいたようだ。7thシングルにも入っている最後のソロ曲『日が昇るまで』にも今泉佑唯の辛い気持ちが込められている。最後の握手会でもファン一人一人と涙を流しながら感謝の言葉を伝え11月4日欅坂46今泉佑唯の活動はおわった。

今泉佑唯の病気との闘い

2016年は、
1st sgサイレントマジョリティー
2nd sg世界には愛しかない
3rd sg二人セゾン
を発売し年末には紅白にも出場した。
忙しかった2016年が終わり、2017年4月5日4thシングル『不協和音』が発売。
心に刺さる歌詞と『僕は嫌だ!』というセリフで大ヒット。しかし同月13日ファンが衝撃を受ける発表があった。今泉佑唯が活動を休止。
ブログでは『数ヶ月前から体調が優れないことがあり、スタッフさんに相談しながら、お仕事をしてまいりましたがなかなか良くならず 心身のバランスがうまくとれない日が続いてました』と打ち明けている。耳鳴りなどの症状があったようだ。
だが病名などはハッキリとわかっていない。

同年8月18日約4ヶ月の休止を終え、自身のブログで活動開始を発表した。
その4ヶ月の間には1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』が発売し、今泉佑唯の初のソロ曲『夏の花は向日葵だけじゃない』も収録されていた。
活動開始の発表している間も全国ツアーの真っ最中だった。
そして同月29日.30日の幕張メッセで行われたツアーにも参加し、涙を見せながら自身のソロ曲を歌い上げた。

欅坂46から3人目のレギュラーモデル!今泉佑唯の心境は?

2017年の12月12日にファッション誌『ar』のレギュラーモデルへの就任が発表された。欅坂46からは3人目のレギュラーだ。今泉は「欅坂46のメンバーの中でも身長が低い私にとって、モデルの世界にはなかなかご縁がないのかなと思っていました。半年前のar6月号に初めて出させていただいたとき、今まで一度も抱くことのなかった気持ちが出てきて『私もお洋服やメイクに携わるお仕事がしたい!arさんの“レギュラーモデル”になりたい』と目標にしていました。本当に夢みたいです」と喜びを語っていた。
今泉は1月号から登場し、とても大人っぽいクールさを魅せていた。

今泉佑唯の再出発 ドラマで活躍!

2019年1月4日、事務所をevexに移籍し公式サイトとTwitterを開設。
同日には自身初となる舞台『熱海殺人事件LAST GENERATION 46』への出演も発表された。
演技の実力も高く、好評で
【女優】今泉佑唯としての活動が始まった。

ドラマ
・グッドワイフ第6話 女性秘書役
・ミリオンジョー 森秋麻衣役
・左ききのエレン 三橋由利奈役
バラエティー
・今泉佑唯のオトナ女子〜20歳のうちにしておきたいこと
映画
・酔うと化け物になる父がつらい(2020年公開)
田所フミ役
様々な分野で活躍をしているが、
2020年3月に新たに舞台に出演することも決まっている。

今泉佑唯のまとめ

今泉佑唯は19歳という若さで『卒業』を決めた。
しかし、色々な壁を乗り越えここまで輝き続けていたのだからこれからも伸びるし有名になるだろう。
これからもいくつもの壁に立ち向かっていかなければいけないことも沢山あると思うが、彼女ならできると信じ、これからの輝きもたのしみだ。
ずっと応援していこうと思う。

この記事を書いてくれた人 ≫